リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

リップル社が欧州での事業拡大を継続、フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリットをもたらすとリップ社自体が伝えています。

Samurai Engineer

リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

2022年10月11日 ロンドン/パリ/マルメ – 本日、エンタープライズブロックチェーンおよび暗号ソリューションのリーダーであるリップル社は、パリに拠点を置くオンラインマーケットプレイスの決済プロバイダーである Lemonway と手を組み、フランスにおける初のオンデマンドリクイティ(ODL)顧客となることを発表しました。この新しいパートナーシップにより、Lemonway は XRP を利用して暗号化された決済を行う RippleNet の ODL を利用して、同社の財務決済プロセスを強化することになります。

リップル社とレモンウェイの新しいパートナーシップは、フランスが暗号技術の可能性を取り入れることに関して先進的であることを示している時に実現しました。リップル社との提携により、Lemonwayは海外にある口座に事前に資金を調達する必要がなくなり、これまで閉じ込められていた事前資金をビジネスの成長と拡大のために使用する機会を得ることで、業務効率を向上させることができます。

リップル社はまた、スウェーデンで初となる2社目の新規 ODL 顧客を発表しました。スウェーデンの送金業者である Xbaht は、スウェーデンとタイ間のお金の移動を可能にします。Xbaht はリップルとの新しいパートナーシップにより、シンガポールに拠点を置くクロスボーダー決済ハブである Tranglo のサポートにより、ODL を通じて即時かつコスト効率の良いリテール送金を提供します。

リップル社と新しい顧客は、リップル社の金融技術であるリップルネットを活用し、フランスとスウェーデンの消費者と企業が国境を越えたリアルタイムの決済をこれまで以上に容易に行うことができるようになります。

「フランスとスウェーデンでそれぞれ最初のODL顧客となるLemonwayとXbahtと協業できることを嬉しく思います。10年前の創業以来、リップル社はブロックチェーンと暗号を使用して実際のユースケースを構築することに注力してきました。このため、私たちは、グローバルな暗号の流動性を利用して、スピードの欠如、信頼性の低さ、過剰なコストなど、国境を越えた支払いに関連する従来の問題を解消しようとするLemonwayやXbahtなどの企業から選ばれるパートナーとなりました」と、リップル社の欧州マネージングディレクター、センディ・ヤングは述べています。

ヨーロッパにおけるリップル社製品への需要は非常に強いままです。リップル社のニューバリュー調査によると、欧州の金融機関の回答者の70%が今後5年間にブロックチェーンがビジネスに大規模または重大な影響を与えると考え、回答者の59%が決済にブロックチェーンを使用することに関心を持っています。

「リップル社のODLをレモンウェイのトレジャリー業務の基盤として使用することで、私たちのビジネスに大きな利益をもたらし、それを顧客に還元できることを期待しています。リップル社のソリューションにより、私たちはパートナーへの支払いをより柔軟に行うことができ、従来の銀行の締切サイクルから解放され、業務効率を向上させることで、顧客サービスを強化しながら、私たちのビジネスに投資するための資金を確保できます。

「Xbahtは、スウェーデン在住のタイ人のための送金サービスを構築するために設立されました。リップル社と同様、私たちは国際的な支払いは迅速かつシームレスであるべきだと考えています。このため、2国間で送金を行う顧客のプロセスを合理化し、より速く、より信頼性の高い、コストを下げるために、新しいパートナーシップを確立することに興奮しています」とXbahtのCEOであるマイケル・アンダーセンは述べています。

リップル社はブロックチェーンと暗号の企業向けソリューションのマーケットリーダーであり、顧客がODLを利用してビジネスを拡張していることから、世界的に前例のない成長を続けています。RippleNetの年率換算の支払いボリュームのランレートは現在150億ドルを超えています。2022年第2四半期時点で、ODLは前年同期比9倍以上に成長しています。

RippleNetはブロックチェーン技術を活用し、グローバルネットワーク上のパートナーがビジネスパフォーマンスとスケールを加速できるよう支援します。優れたエンドカスタマーエクスペリエンス、簡素化されたネットワークパートナーシップ、流動性管理ソリューション、信用枠、リアルタイム決済を可能にする最先端のインフラを提供するものです。リップルネットは、数秒以内の決済、ゼロに近い故障率、24時間365日の送金能力、現状より90%低い取引あたりの手数料を提供します。リップルネットは稼働以来、数百万件、数十億ドル相当の取引を処理しています。

リップル社のODLは現在、シンガポール、マレーシア、ポーランド、インドネシア、タイなどを含む25のペイアウト市場においてペイアウトを可能にしています。Lemonway と Xbaht は、FINCI、FlashFX、FOMO Pay、iRemit、Novatti、Pyypl、SBI Remit など、ODL が自社のビジネスと顧客にもたらす利益を実感している企業に加わります。

その他

ソース:リップル

SEC、暗号資産の違法な売り込みでキムカーダシアンを告発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です