イングランド銀行副総裁がデジタルポンドの必要性を表明

イングランド銀行副総裁がデジタルポンドの必要性を表明

イングランド銀行副総裁がデジタルポンドの必要性を表明

FTX取引所の陥落は、間違いなく世界の規制当局に警告を発しました。また、世界中の暗号通貨規制を加速させる必要性を新たに目覚めさせました。このリストに最近加わった国は英国です。

イングランド銀行の副総裁であるジョン・カンリフ氏は最近、デジタル・ポンドの必要性についてコメントした。FTXの下落後にデジタル・ポンドをリリースすべきかどうかという話題で盛り上がった。

Samurai Engineer

イングランド銀行総裁は当初、FTXの破綻とデジタル通貨の関連性を否定していた

カンリフ氏は当初、中央銀行のデジタル通貨とFTXの破綻の関連性を否定していましたが、カンリフ氏は「懸念は理解できる」と述べました。

ここ数日、FTXの破綻は、デジタルネイティブなポンドをさっさと発行する必要があることを示しているという趣旨のコメントと、FTXはそうする必要がないことを示しているという趣旨のコメントの両方がありました」と、カンリフ氏は「DeFiとデジタル通貨に関する会議」で講演しました。

Cunliffe氏は、FTXはこれらの新技術が”…金融サービスや貨幣の形態に革命をもたらすかもしれない “ことを示す代表例であると述べています。

最近、英国の法律家は、暗号通貨を規制された商品および金融商品として認めることを決定しました。新しい法案に安定コインを含めることは、下院でも承認されました。

その他

ソース:ウォッチャーGURU

CBDC 中央銀行デジタル通貨とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です