イーサリアム マージ とは いつ どのように?

イーサリアム マージ とは いつ どのように?

イーサリアム マージ とは いつ どのように?

Samurai Engineer

イーサリアム マージ とは いつ どのように?マージとは?

実際にマージは9月15日に無事に終わってます。なので現在はマージ後。

マージとは、イーサリアムのオリジナルの実行層(創世記から存在するメインネット)と新しいプルーフ・オブ・ステーク合意層であるビーコンチェーンが結合することであった。これにより、エネルギーを大量に消費するマイニングが不要になり、代わりにステークされたETHを使用してネットワークを保護することが可能になりました。これは、イーサリアムのビジョンであるスケーラビリティ、セキュリティ、持続可能性を実現するための、実にエキサイティングなステップでした。

当初、Beacon ChainはMainnetとは別に出荷されました。イーサリアムのメインネットは、アカウント、残高、スマートコントラクト、ブロックチェーンの状態をすべて含めて、プルーフ・オブ・ワークによって保護され続けましたが、ビーコンチェーンはプルーフ・オブ・ステークを使って並行して実行されました。この2つのシステムがついに融合し、プルーフ・オブ・ワークがプルーフ・オブ・ステークに永久に取って代わられたのが「マージ」です。

イーサリアムは、恒星間航行の準備が整う前に打ち上げられた宇宙船だと想像してください。ビーコンチェーンによって、コミュニティは新しいエンジンと硬い船体を作り上げました。重要なテストを行った後、飛行中に新しいエンジンと古いエンジンをホットスワップする時が来た。これにより、より効率的な新エンジンが既存の船に搭載され、本格的な光年飛行が可能になり、宇宙に挑むことができるようになったのです。

メインネットとのマージ

プルーフ・オブ・ワークにより、Ethereum Mainnetは誕生からThe Mergeまで安全が確保されました。これにより、私たちが慣れ親しんだEthereumブロックチェーンが2015年7月に誕生し、取引、スマートコントラクト、アカウントなど、おなじみの機能をすべて備えることができたのです。

イーサリアムの歴史を通じて、開発者はプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへの最終的な移行に備えました。2020年12月1日、メインネットとは別のブロックチェーンとしてビーコンチェーンが誕生し、並行して稼働しています。

Beacon ChainはもともとMainnetのトランザクションを処理していたわけではありません。その代わり、アクティブなバリデータとそのアカウント残高に合意することで、自身の状態についてコンセンサスを得ていた。広範なテストの後、Beacon Chainは実世界のデータに対してコンセンサスを得るべき時が来たのです。The Mergeの後、Beacon Chainは実行層の取引と口座残高を含むすべてのネットワークデータのコンセンサスエンジンになった。

The Mergeは、ブロック生成のエンジンとしてBeacon Chainを使用するように公式に切り替えたことを意味します。マイニングはもはや有効なブロックを生成する手段ではありません。代わりに、プルーフ・オブ・ステーク・バリデーターがこの役割を担い、すべての取引の有効性を処理し、ブロックを提案する責任を負うようになった。

The Mergeで失われた歴史はない。メインネットがビーコンチェーンと合併したことで、イーサリアムの全取引履歴も合併された。

ユーザーとホルダー

マージは、ホルダーとユーザーについては何も変更しませんでした。

ETHやイーサリアム上の他のデジタル資産のユーザーまたはホルダーとして、また非ノード操作のステーカーとして、あなたはThe Mergeを説明するためにあなたの資金やウォレットに何かをする必要はありません。ETHはあくまでETHです。古いETH」/「新しいETH」、「ETH1」/「ETH2」などというものはなく、ウォレットはThe Merge後も以前とまったく同じように機能します-そうでないと言う人は詐欺師の可能性が高いです。

プルーフ・オブ・ワークを交換したにもかかわらず、イーサリアムの創世記からの全歴史は、プルーフ・オブ・ステークへの移行によって変更されることなく、そのまま残っています。The Merge前にあなたのウォレットに保管されていた資金は、The Merge後もアクセス可能です。アップグレードのための操作は必要ありません。

マージとエネルギー消費

The MergeはEthereumのプルーフ・オブ・ワークの終了を意味し、より持続可能で環境に優しいEthereumの時代をスタートさせました。イーサリアムのエネルギー消費量は推定99.95%減少し、イーサリアムは環境に優しいブロックチェーンとなりました。詳細はこちら

マージとスケーリング

The Mergeはまた、プルーフ・オブ・ワークの下では不可能だったスケーラビリティのさらなるアップグレードのためのステージを設定し、イーサリアムのビジョンで示された完全なスケール、セキュリティ、持続可能性の達成に一歩近づいた。

Eth2は?

Eth2」という用語は非推奨となりました。”Eth1″と”Eth2″が単一のチェーンに統合された後、2つのEthereumネットワークを区別する必要がなくなり、Ethereumだけが存在するようになりました。

混乱を抑えるため、コミュニティはこれらの用語を更新しました。

“Eth1″は現在、トランザクションと実行を処理する「実行レイヤー」です。
“Eth2″は「コンセンサス層」となり、プルーフオブステークのコンセンサスを処理する。
これらの用語の更新は命名規則を変更するだけであり、Ethereumの目標やロードマップを変更するものではありません。

アップグレード間の関係

Ethereumのアップグレードは、すべてある程度相互に関連しています。そこで、The Mergeが他のアップグレードとどのような関係にあるのかをおさらいしておきましょう。

マージとビーコンチェーン

The Mergeは、元のメインネット実行層に対する新しいコンセンサス層としてBeacon Chainが正式に採用されたことを意味します。The Merge以降、バリデータは安全なイーサリアムメインネットに割り当てられ、プルーフ・オブ・ワークでのマイニングはブロック生成の有効な手段ではなくなりました。

ブロックは代わりに、コンセンサスに参加する権利と引き換えにETHを賭けたバリデーションノードによって提案される。これらのアップグレードは、シャーディングを含む将来のスケーラビリティのアップグレードのためのステージを設定します。

ザ・マージと上海のアップグレード

シンプルにし、プルーフ・オブ・ステークへの移行を成功させることに最大限注力するため、The Mergeのアップグレードには、ステークしたETHを引き出す機能など、予想される特定の機能は含まれていません。上海のアップグレードは、The Mergeに続いて計画されており、ステークホルダーが引き出しできる機能を実現する予定です。

上海のアップグレード計画については、GitHubまたはEF Research and Development Blogで最新情報をご確認できるようです。

The Mergeとシャーディング

当初は、The Mergeの前にシャーディングに取り組み、スケーラビリティに対応する予定でした。しかし、レイヤー2スケーリングソリューションのブームにより、優先順位はプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへのスワップが先となったのです。

シャーディングの計画は急速に進化していますが、トランザクション実行をスケーリングするレイヤー2テクノロジーの台頭と成功を受け、シャーディングの計画は、ロールアップコントラクトから圧縮されたコールデータを保存する負荷を分散する最適な方法を見つけることにシフトし、ネットワーク容量の飛躍的な増加を可能にしました。これは、まずプルーフ・オブ・ステークに移行しなければ不可能なことです。

その他

オフィシャルサイト

イーサスキャン(Etherscan)の使い方、活用法をポリゴンスキャン(Polygonscan)を使って勉強しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です