クロスボーダーペイペント FOMO Pay Singapore

クロスボーダーペイペント FOMO Pay Singapore

クロスボーダーペイペント FOMO Pay Singapore

デイリーホードルがクロスボーダーペイペント FOMO Pay SingaporeのODLを利用して国境を越えた送金を促進することについて伝えています。

Samurai Engineer

クロスボーダーペイペント FOMO Pay Singapore

シンガポールに拠点を置く決済ソリューションプロバイダーが、リップル社の XRP を利用したクロスボーダー決済プロダクトである On-Demand Liquidity (ODL) を利用する予定です。

リップル社の新しいプレスリリース(英語)によると、FOMO Payはクロスボーダーのトレジャリーフローを改善するためにODLを利用するとのことです。

2015年に設立されたこのフィンテック企業は、クロスボーダー決済プロダクトを利用して、当日決済を促進するために、ユーロとドルの流動性に常にアクセスできるようにすることを目的としています。

FOMO Payの創業者兼CEOであるルイス・リューは、次のように説明します。

「FOMO Payは、シンガポールの大手決済機関として、お客様により効率的で費用対効果の高い決済手段を異なる通貨で提供することを目指しています。私たちは、リップル社と提携し、オンデマンド流動性を財務管理に活用することで、世界中のユーロと米ドルで手頃な価格で即時決済を実現できることを嬉しく思っています。”

リップル社は、米国証券取引委員会(SEC)との間で長期の膠着状態が続いていますが、FOMO Payの取引は、一連の国際ビジネスパートナーシップの中で最新のものとなっています。

リップルは3月、リトアニアのフィンテック企業であるFINCIと提携し、ODLを利用して国境を越えた送金を促進することに成功した。

サンフランシスコに拠点を置く同社は昨年9月、ブータンと協力して中央銀行デジタル通貨(CBDC)を創設すると発表し、11月にはパラオ共和国と提携して政府支援の安定コインを開発し、国境を越えた送金を容易にすると発表しています。

Azimo、Novatti、FlashFX、iRemit、Tranglo、SBI Remit、Pyyplなど、多くの企業がODLを利用しています。

XRPは記事執筆時、0.336397ドルで取引されています。時価総額で7位の暗号資産は、過去24時間で0.11%上昇しています、ただしこれは色々な条件で上下して最近のレベルの範疇だと言えます。

その他

ソース:Twitter

リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です