デジタル通貨とは何なのか?電子マネー、暗号資産(仮想通貨)と本サイトの認識をお伝え。

デジタル通貨とは何なのか?電子マネー、暗号資産(仮想通貨)と本サイトの認識をお伝え。

Samurai Engineer

デジタル通貨とは?

ここでいうデジタル通貨とは物として存在していない通貨を指示しています。例えば電子マネー、Suica、nanacoなどです。電子カード、もしくはアプリのなかに情報がある。また法定通貨に則った通貨であり電子バージョンとなっており、日本円を入金することによってデジタル上で通貨に代わってい使用することができます。

電子マネーと暗号資産の違いは?

前述の通り電子マネーは法定通貨に則ったデジタル上のお金であり各国の中央銀行が刷っているお金(仕組みは国債を買い取り銀行に銀行券を銀行に貸すなど)である。暗号資産はブロックチェーン技術を用いた改ざんされにくい分散型台帳を各ノードを連携することにより用いた通貨であり、発行枚数などは決まっており、暗号資産の取引所によって取引、もしくはP2Pでの取引により取得ができ、その際に値段が変わっており、そのリスクについては個々のやり取りで受け継がれる。

電子マネー

電子マネーは交通系電子マネー(Suicaなど)、流通系電子マネー(nanacoなど)、クレジット付帯電子マネー(QuickPayなど)、独自ブランドからの電子マネー(LinePay)、銀行系(PayPay(ジャパンネット銀行からPaypay銀行へ)、OrigamiPay)など幅広く用いられ今では営業としても使えるのではないでしょうか。

電子マネーのメリットデメリット

  • 支払いがスピーディー
  • 非接触、このコロナの時代に合うように感染するリスクを下げる。
  • 支払額によってポイントを貯められるようになって、また溜まったポイントを支払いに使用できるようになっていることが多い。
  • 小銭がなくなる。

電子マネーのデメリット

  • プリペイドの場合はチャージ(入金)が必要→アプリで銀行と連携し入金など簡単になっている。
  • 利用限度額が低い→高額支払い時には特段必要ない?

暗号通貨(仮想通貨)

暗号通貨とは日本銀行の説明では

「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?

となっており(他補足もあり)非中央集権的(decentralized)と銘打っている通貨が多いです。日本円にしろ米ドルにしろ、各国の中央銀行が発行しており、国の存在が問題ないかぎり価値は安定しています。そのため先進国の経済が安信頼のある国の通貨は国際市場では強く(高値)、反対に経済が不安定な国家の通貨は、弱く価値が低かったりします。しかし暗号資産は、基本的にあらゆる国家や組織の管理を受けない通貨であり取引所等で交換できます。

※「仮想通貨」は「暗号資産」呼称変更されてます。金融庁のホームページより

※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されます。

暗号資産のメリット

  • 非中央集権的で国を超えて通貨のやり取りができる。
  • 国を超えた送受信に時間がかからない(各チェーンネットワークにもよる)。

暗号資産のデメリット

  • デジタルなので盗まれる、改ざんされる。実際に使用してすでに出来上がっているブロック・分散台帳を戻すことができずその対処が難しい。
  • 価値が安定していない。
  • 各国の発行通貨に変換しにくい。
  • 詐欺が横行、そのため信頼できる取引所を見抜くことが大事。
  • 送金先を間違うともとに戻せないことが多かった(今は問題ない取引所もある)。

リンク

交通系電子マネーSuica

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です