暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)とは

Samurai Engineer

暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号通貨は、英語ではクリプトカレンシー(crypto currency)と呼ばれ、各暗号資産のブロックチェーン上で発行され、取引される実体としてはネットワーク上に刻まれるブロックのデータが対象となります。各ブロックチェーンのブロックの連鎖によって成り立っているのがデジタル通貨であり、偽造や二重支払いをほぼ不可能にしています。多くの暗号通貨は、ブロックチェーンテクノロジーに基づく分散型ネットワークです。これは、ブロックチェーン上のネットワークのコンピューター、ノードによって実施される分散型台帳です。暗号通貨の明確な特徴は、それらが一般的に中央当局によって発行されていないことであり、理論的には政府の干渉や操作の影響を受けません、所有者によって投票を行なってガバナンスを効かせるなどもあります。法律によって規制される場合はこの上ではなくなるはずです、何故ならまず我々が各国の法の下に居るからです。

仕組みをもう少し噛み砕いてみると

多数のコンピューターに分散されているネットワークに基づくデジタル通貨の形式です。この分散型の構造により、政府や中央当局の管理外に存在することができます、というのは透明性と公平性、技術的に改ざんが難しく
トランザクションデータの整合性を確保するための組織的な方法であるブロックチェーンは、多くの暗号通貨の重要なコンポーネントです。

支払い、送受信

それぞれのブロックチェーンの技術のルールに則ったウォレットにアドレス、もしくは取引所、交換所が管理内にアドレスを発行しそれに対して行います。ですので暗号資産(仮想通貨)同士の受け渡しになります。現金化を認めている国もあり、そのような国では認可された法人などが法定通貨にExchangeしたりしているところもあります。デジタルな情報でやりとりすることを基本にしているので電気代が必要であるため、ネットワーク費用、送信手数料が必要なことが多い。そのなかでBSC(バイナンススマートチェーン)は安いネットワーク費用を構築し、TRONネットワークは特殊な構造(帯域やエナジーを貯める)により無料にしている。お金のやり取りにお金が必要なのはおかしいので何が淘汰されているかがわかる気がする、そもそも暗号資産が残るかどうかもわからない。

最も代表的な暗号資産(仮想通貨)

最も代表的な暗号資産(仮想通貨)として認知され、一部の人からはそのように扱われているのがビットコインです。何故ならば金額の推移が示すとおりに値段が他の通貨より下がりきることなく扱われているからです。他イーサリアム、リップル、BSCなど、数えきれない暗号資産が生まれています。

懸念点

専門家の多くは、ブロックチェーンと関連技術が金融や法律を含む多くの業界を混乱させると信じています。
暗号資産(仮想通貨)は、違法行為への使用(マネーロンダリングなど)、為替レートの変動性、基盤となるインフラストラクチャの脆弱性など、さまざまな理由で批判に直面しています。しかし、携帯性、分割可能性、インフレ抵抗、透明性も高く評価されています。

リンク

説明:ウィキペディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です