2023年以降の最大のブロックチェーン・トレンド

2023年以降の最大のブロックチェーン・トレンド

2023年以降の最大のブロックチェーン・トレンド

2021年に主要な暗号通貨が史上最高値を更新した後、2022年はWeb3にとって挑戦の年でした。2022年は、Terra-LUNAのクラッシュ、暗号通貨取引所FTXの崩壊、そしてほんの数ヶ月前まで最も称賛された業界人の一人であった創業者サム-バンクマン・フリード氏のその後の転落といったブラックスワン現象に悩まされた、ブロックチェーンとWeb 3.0にとって困難な年でした。 2023年以降に暗号が何を控えているのでしょうか。フォアキャストの記事を参考に考察していきたいと思います。

Samurai Engineer

4つの柱に注目している。

伝統的な企業のWeb3の採用、ゲーム、DAO、NFTの地位向上が注目しているところとなっており、いかに浸透していくかということである。

下記のように伝えています。

Web3を採用する伝統的な企業は、暗号の冬を終わらせる可能性がある

“2022年、多くのWeb2企業が暗号決済を受け入れ、NFT(non-fungible tokens)のようなブロックチェーンイノベーションをサービスに加えるのを見ました…これは、より多くの人々がブロックチェーン技術を認識するにつれて成長を続ける傾向です。”と、ブロックチェーンベースの音楽クラウドファンディングプラットフォームCriteの成長責任者のAlex Onufriychukは述べています。
“次の「暗号の夏」の鍵は、従来のWeb2企業によるWeb3要素の大量採用でしょう。この移行が加速するにつれ、一般ユーザーにとってより直感的なインターフェースや体験の設計に注目が集まるでしょう」と、オヌフリチュクは述べています。
「導入は、シンプルさ、セキュリティ、適用性という3つの主要な要素から始まる。この方向性には、Web2サービスからの “ベストプラクティス “の継承という傾向も見られます。人々が使っていたものと新しいものを組み合わせる能力こそが、今後のブロックチェーンのトレンドを定義するでしょう」と、マルチチェーン分散型自律組織(DAO)ビルダーのxDAOの創業者兼CEOであるVlad Shavlidze氏は述べています。
関連記事参照。Web3は女性を必要としている

“AMLBotとコンプライアンスプロトコルPureFiの最高経営責任者であるSlava Demchuk氏は、「(我々は)許可されたプールとPureFiなどの分散型コンプライアンスプロトコルにより、機関によって分散型金融(DeFi)が大きく採用されると予想しています」と述べています。
“従来の銀行システムのバックエンド内に許可されたDeFiプロトコルを統合することは、(現在の金融サービスに対してより魅力的で信頼できる代替手段を顧客に提供するために)必要です “とDemchukは述べています。
関連記事参照。DeFiは伝統的な金融と戦争しているのか、TradFiは怖がるべき?

ゲームが暗号の大量普及を促進する

“ゲームは(大量導入の)主要なドライバーとなり、より一般的には、様々な種類のNFTに代表されるブロックチェーン文化になるでしょう。” Animoca Brandsの共同創設者兼エグゼクティブチェアマンのYat Siu氏は、次のように述べています。
“私たちは、高品質なゲームの大きな波が市場に出現し、基本的にはより多くの大衆的な採用をもたらすことになるでしょう。それは2023年のどこかで本格化し、もしかしたら2024年に波及するかもしれません。そのため、何億人ものユーザーがこの分野に参入する可能性があります」とSiu氏は述べています。
「ゲーミングは、おそらくPolygonで成長するでしょうが、Ethereum以外の場所でもあり得ます。この1〜2年、ゲーム会社に多くの投資が行われています。NFTデータアグリゲーターのCryptoSlamの創設者兼CEOであるRandy Wasinger氏は、「ゲーマーはまずアジアから、そして最終的にはより躊躇している北米のオーディエンスからやってくるだろう」と述べています。
“ゲーマーはすでにデジタル通貨を使った多くのオンライン取引に慣れているため、ブロックチェーンベースのゲームに参加する準備が非常に整っており、市場はすでに25億人以上のビデオゲームプレイヤーと非常に大きいため、ブロックチェーンゲームの成長の可能性は非常に有望です “と、プレイトゥアーンゲームAlien Worldsの共同創設者およびCEOのSaro McKennaは述べています。
“ゲームとメタバースアプリケーションの両方が急速な成長曲線を描いており、その結果、暗号の冬が続いているにもかかわらず、2023年の間に暗号通貨のユーザー数が増加し続けるだろうと予想しています “とMcKennaは述べています。
イーサリアムソフトウェア企業ConsenSysのヘッドエコノミストであるLex Sokolin氏は、「ゲームはおそらく、物事を前に革新する次の分野の1つでしょう」と述べました。
関連記事参照。プレイ・トゥ・アーンのゲームが勢いを失っている理由と、GameFiが次に進むべき方向性

DAOはその潜在能力を最大限に発揮する可能性がある

“DAOはおそらく2023年の最も重要な開発トレンドになるでしょう…(エイリアンワールドズの)DAOベースの惑星議会選挙に参加すると、プレイヤーは統治評議会に選出され、意思決定において役割を果たし、国庫資金の支出を監督できます…この種の新しい機会はすでに、世界中のユーザーコミュニティの活動レベルを強化し始めています” マッケンナは述べています。
「2023年、DAOは暗号業界の中央集権化と透明性の欠如という現在の問題に対処する方法を提供するため、ガバナンスと集団財務管理の新しいモデルが注目されるでしょう。企業は、説明責任と透明性の向上を求めてDAOに引き寄せられるでしょう」とxDAOのShavlidzeは述べています。
「アプリケーションの面では、DAOが有用な経済商品を生産することを可能にするツールの成長が見られそうだ。これには、給与計算のための金融ツール、ガバナンス管理プラットフォーム、その他のオンチェーンコラボレーションソフトウェアが含まれます」とSokolin氏は述べています。
関連記事参照。本当に興味深い問題を提起している」。規制当局はDAOにどうアプローチしているのか

NFTの地位はさらに向上する

CryptoSlamのWasinger氏は、「(来年は)特に芸術以外のデジタル資産において、二次市場取引における強制的なロイヤリティを超えて、クリエイターのためのより高度な収益モデルが期待され、(そして)より幅広いデジタル資産クラスの台頭があり、トークン化は、そのカンジブルカテゴリーではなく、ほぼNFTsのみです」と述べています。
「今後2、3年の間に、複数の業界からこの動きに参加する大物が現れると予想されます。例えば、主流のソーシャルメディアプラットフォームやAAAゲームスタジオは、すでにNFTの利用を試みています」とCoriteのOnufriychuk氏は述べています。
「NFTを利用したさまざまなアプリケーションが考案されるでしょう。NFTは、お金を入れて時間が経つにつれて価値が上がることを期待するだけの絵ではありません。単なる投機的な資産ではなく、分散型インターネットの次のバージョンとなるレゴブロックになるだろう」と、歴史的な非化石トークンを扱うArtifact Labsの創設者兼CEOのGary Liu氏は述べた。
“ネイティブなデジタル経済が出現し始めており、NFTのようなデジタルグッズは今後も進化を続けるでしょう。インターネットがフラットなウェブサイトからインタラクティブなクラウドソフトウェアになったように、トークンもフラットなデジタル商品から、よりインタラクティブでカスタマイズされたインテリジェントなデジタルオンチェーンエージェントに進化していくでしょう。ジェネレーティブAIがWeb3と有意義に相互作用するのを見たことがありませんが、この技術は有望なオーバーラップを見つけることができると思います」とConsenSysのSokolinは述べています。

結論

ブロックチェーンは未だ黎明期であり、その技術は高い、使われる部分があると考えるべきであるがいかに浸透していき、一般的に使われるようになっていくかが鍵である、と当たり前だが普及する前の段階を通れるか通れないかが重要なポイントとなっていく。通れないのであればまだまだ遅れをとるか、消滅していく運命にあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です