BSCネットワークで独自BEP20トークンを作成‐暗号資産を作る!

BSCネットワークでBEP20トークンを作成‐暗号資産を作る

BSCネットワークで独自BEP20トークンを作成-暗号資産を作る!

Samurai Engineer

バイナンススマートチェーンBSCとは?

バイナンススマートチェーン(BSC)とはこちらです。

BEP20とは?

BEP20はトークンでERC20の技術を模して造られたものでる、ただノードが承認制でValidatorになれないというのが違いであるよう。 使っているプログラム言語、ツールはイーサリアムと同じ。なのでプログラム言語はSolidity、ツールはRemix,メタマスクと下記のYoutubeでうたっています。実際使用するのも同じです。

BinanceチェーンとBinanceスマートチェーン(BSC)の違いについて説明したので、最初に各Binanceチェーンのネイティブトークン標準を見てみましょう。しかし、トークン標準とは何ですか、なぜそれらが必要なのですか?

オリジナルのコアBinanceチェーンはBEP-2トークン標準をホストします。最も人気のあるBEP-2トークンユーザーが精通しているのは、間違いなくBinanceのネイティブBNBコインです。 BEP-2は「BinanceChainEvolution Proposal 2」の略で、開発者がBinanceChainでトークンを作成するための標準的な技術フレームワークを提供します。複雑なレシピに従うのと同様に、提供されたトークン標準を使用して、各トークンがすでに利用可能なアプリケーションとウォレットで使用できるようにすることが不可欠です。

BinanceChainとBinanceSmart Chain(BSC)の間の新しい「デュアルチェーンアーキテクチャ」を使用することで、ネイティブBNBコインはBEP-2とBEP-20の両方のトークン標準に燃料を供給します。しかし、違いは何ですか?

BEP-20トークンはBinanceSmart Chain(BSC)でBSCトークンを起動するための標準フレームワークですが、BEP-2トークンはコアBinanceチェーンにネイティブです。 BEP-20トークンは、多くの場合、イーサリアムERC-20トークン標準に例えられます。まだ根本的に異なりますが、2つは信じられないほど似ています。 ERC-20トークン標準は、イーサリアムエコシステム内で作成される暗号通貨トークンのフレームワークを提供します。 BEP-20トークン標準は、誰かがBinance Smart Chain(BSC)で暗号通貨トークンを作成したい場合に使用されます。

本番編
テスト環境編

BSCネットワークで 独自BEP20トークンを作成‐暗号資産を作る!

とりあえず自分のBEP20トークン暗号資産をBSCテストネットワークを作ってみようと思います。

テスト用ノードを獲得して接続

Moralis.io

Moralis.ioには各ノードが用意されているのでそちらからノードを獲得するのが良いでしょう。もちろんBinanceOrgに正しい情報が載っているのでそちらから獲得するのも良いでしょう。新規RPC URLをコピーしてこちらに張り付けます。

メタマスクのカスタムRPC

チェーンIDは97

通貨記号はBNB

ブロックエクスプローラーのURLはhttps:testnet.bscscan.com

設定し保存しネットワークを入力したネットワーク名のテストネットにします。

テストネットワークに接続して1BNBをゲット

BSCのfaucetにアクセスしてGIVE ME 1BNBをクリックして1BNBをゲットします。デプロイ費用として掛かるのでテストように1BNBをもらっておきます(24時間ごとに1回のみ)

BSCtestnet 1bnb追加

メタマスクを見ると増えています。

テスト用1BNBをゲット

remixでコンパイルして作成

remixでコンパイルして作成します。サンプルソースはgithubから(追って追記します。)

remixでコンパイル、デプロイ

作成後はテストネットで自分

トークン作成後はテストネットで作成したのでテスト用のBSCスキャンで確認してみましょう。

トークン追加完了onBSC
GASFEE
GASフィーが引かれました。

METAMASKでトークンの追加でトークンアドレスを入力すると追加されているのが確認できます。

参考

参照元はこちらのYoutubeです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です