FTXのサム・バンクマン=フリード氏 イーロンマスク氏のTwitter買収支援を取りやめ

FTXのサム・バンクマン=フリード氏 イーロンマスク氏のTwitter買収支援を取りやめ

FTXのサム・バンクマン=フリード氏 イーロンマスク氏のTwitter買収支援を取りやめ

暗号資産家のSam Bankman-Fried氏は、TeslaとSpaceXの創業者と電話で話した後、Elon Musk氏のTwitter買収支援を取りやめたことがAxiosに「イーロン・マスクとTwitterに夢中なサム・バンクマン=フリードの内面」として伝えられております。バイナンスから500億ドルの支援があった中、サムバンクマンはどうなのでしょう。

Samurai Engineer

FTXのサム・バンクマン=フリード氏 イーロンマスク氏のTwitter買収支援を取りやめ

なぜそれが重要なのか。この電話は、これまで報告されていなかったもので、先週の裁判の提出書類のミッシングリンクとなっています。この書類では、マスク氏のテキストメッセージが、バンクマンフリード氏の関心を一蹴したことが示唆されています。

裁判資料の内容 3月下旬、マスクはバンクマン-フリードの慈善基金の顧問であるウィリアム・マカスキルから、FTXのCEOと会うよう促すメールを受け取った。間もなく、モルガン・スタンレーの技術系銀行家マイケル・グライムスからも同様のメッセージが届いた。

バンクマン-フリード氏は10億ドルから30億ドルの投資を「簡単にできる」とし、外部からの融資を確保せずに80億ドルまでは「できる」と、マカスキル氏はマスク氏へのメッセージに書いている。
グライムズはマスクに、バンクマン=フリードは書面で50億ドルを提示したが、口頭で100億ドルまでの投資を提案したと話した。
グライムズは、この取引は1時間のミーティングだけで成立すると付け加え、バンクマンフリードが「ソーシャルメディアのブロックチェーン統合のためのエンジニアリングを行う」と申し出たが、マスクは興味を示さなかった(親指を立てる返信によれば、彼はそうではなかった)。
法廷文書に書かれていないこと Bankman-Fried氏とMusk氏は、イントロの後、電話で話をした。その後、暗号化された億万長者は、Twitterの取引に参加することにもう興味がないとMusk氏に伝えました。

裁判資料で開示されたテキストメッセージには、この期間にバンクマン-フリード氏からマスク氏へ送られたメッセージは含まれていません。しかし、マスク氏からバンクマンフリード氏へのメッセージは含まれており、次のように尋ねています。”すみません、このメッセージは誰が送っているのですか?”
Muskが本当に困惑していたのか、それとも投資を断念したBankman-Friedに喝を入れようとしていたのかは不明である。
なお、バンクマンフリード氏はTwitterの株式を少し保有していると、この件を知る関係者がルシンダに語っています。

彼はその株式を合併に巻き込むことに興味を示したと言われていますが、それはマスクとTwitterが互いに訴え始める前のことでした。
肝心なのは、そのことだ。MacAskillのマスクへの最初のメッセージは、Bankman-Friedが “しばらくの間、潜在的に(Twitterを)購入し、それを世界のために良くすることに興味を持っている “と指摘した.

マスクが会社を買うことにならなかった場合、裁判に勝つか、その旨の和解を経て、バンクマンフリードが再び興味を持つかもしれない。その確率は低いと言われているが、ゼロではない。

その他

分散型SNS(分散型ソーシャルネットワーク)と暗号資産の組み合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です