XRP、イーサリアムのスマートコントラクトをXRPLに導入するための最初のステップを開始

XRP、イーサリアムのスマートコントラクトをXRPLに導入するための最初のステップを開始

XRP、イーサリアムのスマートコントラクトをXRPLに導入するための最初のステップを開始

イーサリアムは現在、暗号通貨において最も汎用的で利用されているブロックチェーンの地位を確保しています。イーサリアム上のスマートコントラクトの実行とネットワーク状態の計算を担うプログラムとして機能するEVMは、複数のブロックチェーン開発者によって活用され、イーサリアムネットワークと完全に互換性のあるdAppsを立ち上げています。

一方、XRP Ledger(XRPL)は、近年大きな成長を遂げたにもかかわらず、EVMとのブロックチェーン相互運用性において遅れをとっているように見えます。

それが、XRPL開発者の公式TwitterアカウントであるRippleXDevが発表した、XRPLのEVM対応サイドチェーンのテストフェーズの開始により、変わろうとしているのです。リップル社は、ブロックチェーン開発企業であるPeersystと提携してサイドチェーンを開発しました。

Ethereum Virtual Machine(EVM)サイドチェーンを#XRPLedgerに導入する第一段階を紹介します。
EVM開発者の皆さん、ぜひDevnetで機能を試し、あなたの#DeFiアプリケーションでEthereumとXRPLの良さを味わってみてください。

EVM互換のXRPLサイドチェーンにより、開発者はXRP Ledger上でEthereumスマートコントラクトを手間をかけずにシームレスに起動できるようになります。この構想は、暗号シーンにおけるイーサリアムの巨大なリーチにより、より広いオーディエンスにXRPLを紹介することになります。

EVM開発者は、ブリッジの第一段階がXRPL Devnet上でライブになるため、最近導入されたサイドチェーンでのデプロイメントテストを開始するよう呼びかけられました。ETHの開発者は、このチェーンで実験を行い、XRP Developers Discordチャンネルでフィードバックや提案を行うことになっています。

リップル社のソフトウェアエンジニアである Mayukha Vadari 氏は、RippleX の開発者を代表して、このイニシアチブによって開発者は高いスループットと低い取引コストを含むがこれに限らない XRPL のいくつかの利点を活用できるようになると指摘しています。

XRPLはブロックチェーン開発者にとって多くのメリットを約束しますが、汎用性の高いEVMとの互換性がないため、開発者はXRPLの魅力的な機能とEVMの汎用性のどちらかを選択しなければならない状況になっています。このサイドチェーンにより、開発者は両方を同時に手に入れることができるようになります。

Vadari氏によると、サイドチェーンの立ち上げは3段階に分けて行われる予定だ。テスト段階の立ち上げが第1段階となり、第2段階は2023年初頭になる予定です。第2フェーズでは、サイドチェーンがパーミッションレスとなるため、一般ユーザーの参加を歓迎する。

EVMサイドチェーンの最終的なローンチを特徴とする第3フェーズは、2023年第2四半期に予定されています。「3つのフェーズすべてを通じて、EVMサイドチェーンはXRPLメインネットに匹敵するブロックとファイナリティタイムを特徴とし、Metamask、Remix、TruffleなどのEthereumスマートコントラクトとアプリケーションをサポートします」とVadariは付け加えました。

彼は、RippleX DevelopersがXRPL自体をEVM互換にするのではなく、EVMサイドチェーンの立ち上げに落ち着いたのは、後者がXRPLのスケーラビリティ、セキュリティ、効率性を損ねるからだと述べました。このサイドチェーンは、XRPLと並行して稼働する予定です。

免責事項:コンテンツは情報提供のみを目的としており、著者の個人的な意見が含まれる場合があり、必ずしもTheCryptoBasicの意見を反映するものではありません。暗号を含むすべての金融投資は、大きなリスクを伴うため、投資前に必ず完全な調査を行うようにしてください。失うことができないお金を決して投資しないでください。著者または出版物は、お客様の経済的損失または利益に対していかなる責任も持ちません。

Samurai Engineer

その他

ソース:クリプトベイシック

リップル社 欧州で事業拡大 フランスとスウェーデンにオンデマンドの流動性のメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です