ブロックエクスプローラー

ブロックエクスプローラー スペースエクスプローラー

ブロックエクスプローラー

Samurai Engineer

ブロックエクスプローラー

ブロックエクスプローラーとはジェネシスブロックでの初日からのブロックチェーンネットワークに関する詳細な分析を提供するツールです。ユーザーが特定の暗号通貨に関連付けられた個々のブロック、パブリックアドレス、およびトランザクションに関する情報を見つけることができる検索エンジンおよびブラウザーとして機能すると言えます。
一部のものは、リアルタイムの統計と市場チャートのほか、マイニングプール、保留中のトランザクション、ネットワークハッシュレート、リッチリスト、ブロック検証ツール、孤立ブロック、ハードフォークなどに関するデータも提供します。
保留中のトランザクションに関してはブロックの確認を待っているユーザーに役立ちます。たとえば、多くの取引所は、ユーザーがリアルタイムで資金の動きを追跡できるように、預金または引き出し要求のトランザクションIDをユーザーに提供します。

ブロックチェーンのタイプによっては一般的な情報ハブとしても機能します。たとえば、イーサリアムブロックチェーン上で実行されている何千ものERC-20トークンがあり、ユーザーはイーサリアムのブロックエクスプローラー、イーサスキャンでスマートコントラクトをチェックすることでそれらに関するデータを見つけることができます。
現状では暗号通貨ネットワークの現在の状態を監視するプロセスに不可欠です。 Binanceチェーンに関しては、ユーザーはBinanceチェーンエクスプローラーでBNBの現在のステータスを確認できます。これには、コインバーントランザクションや現在の総供給量が含まれます。
1つのWebサイトに複数ある場合でも、各エクスプローラーは特定のブロックチェーンに関連付けられています。それでも、同じブロックチェーン(同様のサービスを提供する異なる組織)に対して複数が存在する場合があります。一部の企業は一緒に暗号ウォレットサービスも提供しています。それ以外に多くのWebサイトでは開発者が他の方法でブロックチェーンデータを利用するためのAPIを提供しています。

各ブロックチェーンのブロックエクスプローラー

Metamaskの使い方ページを見ていただいてもわかるが何か処理をした際にブロックを確認するページが用意されている

BinanceSmartChain(BSC)

メインネット

https://bscscan.com

テストネット

https://testnet.bscscan.com

Polygon(MATIC)チェーン

Polygonのオフィシャルページはこちら

メインネット

https://polygonscan.com/  

テストネット

https://mumbai.polygonscan.com/  

Huobi ECO Chain (HECO) Networkネットワーク チェーン

メインネット

https://scan.hecochain.com

テストネット

https://testnet.bscscan.com

AVAXネットワーク (メインネット)

https://snowtrace.io/

Kraytnネットワーク (メインネット)

https://scope.klaytn.com

IoTeXチェーン (メインネット)

参考サイト

https://iotexscan.io

Velasチェーン (メインネット)

https://evmexplorer.velas.com/rpc

Cronosチェーン (メインネット)

参考サイト

https://cronos.crypto.org/explorer

Tomoチェーン (メインネット)

https://tomoscan.io/

その他

ソース:バイナンスアカデミー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です