実際に購入してみた5つの暗号資産(仮想通貨)の紹介

実際に購入してみた5つの暗号資産(仮想通貨)の紹介

デジタル通貨とは、電子マネー、暗号資産を考えよう
Bitcoin cryptocurrency digital money concept. Robot computer mining electronic cash. Classroom polka dot pink colored interior, handwritten e-business topics on black chalkboard

どんな暗号資産(仮想通貨)があるのか挙げてみます。

Samurai Engineer

ビットコイン

シンボル

BTC

概要

ビットコインは一番最初に作られた暗号資産であり、取引の中心となり、最も人気、信頼のある暗号資産としてその地位を確立しています。

詳細はこちら

イーサリアム

シンボル

ETC

概要

ビットコインと並ぶ最も人気、信頼のある暗号資産の一つである。イーサリアム・ネットワークと呼ばれるP2Pのネットワーク上でスマート・コントラクトと言われるの履行履歴をブロックチェーンに記録していく。ビットコインと同じくネットワーク参加者がマイニングと呼ばれるブロックチェーンへのスマート・コントラクトの履行結果の記録を行うことで、その正統性を保証していく。

バイナンスコイン

シンボル

BNB

概要

バイナスコインとは世界最大の取引所バイナンスの中からうまれたコインであり、バイナンス取引所のなかでビットコインと並び、中心となる通貨となっている。バイナンス取引所の信頼とともに取引量、価格も上がりつつある。

TRON

シンボル

TRX

KIN Ecosystem

シンボル

KIN

概要

アメリカで多く使われている一つであるメッセンジャーのKIKのKIK Interactiveが発行したトークンである。

詳細はこちら

追加:NPXS(by Pundi X)

シンボル

NPXS

概要

Pundi Xによって発行されている通貨である。しかも実際のPOSマシン、XPOSというものを自前で提供しており、認証された国で持ちたいと要望したお店が導入し、顧客もXwalletというPundi X提供の財布かETHもしくはBNBであればOnChainPayment(オンチェーンペイメント)というのが可能である。店側は各国の通貨で入力した決済金額をもらえるので通貨の不安定さは気にしなくてよい。であれば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です