日本におけるデジタル通貨

日本におけるデジタル通貨

日本におけるデジタル通貨

Samurai Engineer

日本におけるデジタル通貨

日本におけるデジタル通貨とは?お金をデジタルとして取り扱っているものであるが日本はなんでも特殊なので日本のものを世界の状況と合わせて見てみます。

カテゴリと代表例

クレジットカード

クレジットカードはデジタル通貨と言っていいかはわからないがその名の通りに信用を元に発行されるカードで決済後に1ヶ月など決まった期間で請求される、またそれに連携してiD、QUICKPAYなどがある。世界としてはクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、アメックス(アメリカンエキスプレス)、ダイナース)はあり、各カードによってポイントが付くのは当たり前だが自分のカード以外の支払いに充てられるのは少ない、充てられたとしてもカートの支払いとしてである。

交通系

SUICAPASMOを代表にJRなど地下鉄、また地方交通でもちろん利用でき、そのままコンビニ、お店、自販機などで使える通貨・電子マネーである。

商業系

EdynanacoWaonを代表に各店舗で利用できそれが拡大されていろいろなところで利用できるようになっている。世界としてはそのまま支払いに使えるところも多いようである。

通信系

au Walletなど。世界では機能としては提供されているところが多いがあまり流通しているところは多くないようでる。これに関しては暗号資産としてTELDENTなどのほうが期待値、利用者の増加としては大きいかもしれない。

QRコードペイメント

日本では最近導入されたがPayPayLinePayを代表にQRコードを読み込んでアプリ内で決済を完了するものである。

結論

やはり日本独自の進化を遂げているものがあったがここにきてPayPayの力わざによってかなりQRコード決済が導入が進みシェアを取ってきた。また手数料を取るようになったが他と比べてもまだまだ両立は低いので現金だけでも十分な商売、ニッチでそこでしか買えないものという色合いが強くなければ利用する価値は固いのではないか。また地図と合わせて営業もしてくれるので意味合いが変わってきたところでもある。デジタル通貨としてはQRコード決済の浸透と政府関連のポイント、独自暗号資産により流れが決まってきそうである。

その他関連

そもそもお金とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です